第102回 「はじめて触れる戯曲(こえだし)」#2 『リア王』ご案内

2017年5月19日(金)の「はじめて触れる戯曲 読む、感じる、声に出す!」は、シェイクスピア『リア王』をテキストとして〈声に出して読〉んでいきます。

このワークショップでは、毎回「戯曲」を課題テキストとして、カワサキアリスの演出家・Ash氏を講師に迎えて戯曲を「実際に声に出し」、即席の劇団のようにセリフを分担して戯曲に触れていきます(毎回の参加は必須ではありません。途中参加も大歓迎です)。
これまでは『ロミオとジュリエット』『桜の園』『近代能楽集』『真夏の夜の夢』などを取り上げ、毎回多彩な登場人物が登場する一幕(ひとまく)を、参加者のみなさん全員で分担して読んでいきました。

2016年10月に「コスギフェスタ」に出演、

2017年2月には「ひとみ座」とのコラボによる「ロミオとジュリエット」公演を中原区役所で開催いたしました。

5月19日の課題テキストはシェイクスピア『リア王』(松岡和子訳・ちくま文庫)です(テキストをお間違えないようにしてください)。
初参加の方、参加したことのある方、皆さんのお申し込みをお待ちしております!

●詳細及びお申し込みはこちらから!
http://www.kokuchpro.com/event/knc102/

●シェイクスピア『リア王』(松岡和子訳、ちくま文庫)のリンク。

http://amzn.asia/2nxxOqX